大谷 代打出場もなし 指揮官「日本の野球ファンに、ごめんなさいと伝えて…」

[ 2019年6月1日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス9―3マリナーズ ( 2019年5月30日    シアトル )

<マリナーズ・エンゼルス>出番がなく、ダグアウトから戦況を見つめる大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷は代打で出場する機会もなく、復帰後3度目の欠場となった。7日に復帰して以降、週1回程度、主に左腕の先発時に代打待機の休養日が設けられており、ブラッド・オースマス監督は「日本の野球ファンは私のことが好きではなくなっただろう。ごめんなさいと伝えてください」と謝罪。

 4連戦の相手先発は左腕3人が予定され、試合前まで菊池が左打者に対し被打率・234と3投手の中で最もいい数字だったことも理由に挙げた。31日(日本時間6月1日)の同戦はDHで出場する見込みだ。 (柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース