ソフトB中村晃、復帰即同点二塁打「大きな声援が後押ししてくれた」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―3楽天 ( 2019年5月31日    ヤフオクD )

2回無死二塁、右翼線に適時二塁打を放った中村晃(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 自律神経失調症から復帰したソフトバンクの中村晃が、今季初打席で適時二塁打を放った。0―1の2回無死二塁で打席へ向かうと、本拠地のファンに大歓声で迎えられ「大きな声援が後押ししてくれた」という。4球目を鋭く振り抜き、右翼線へ運ぶ同点打。右翼の守備に就く際は観客の「アキラコール」に帽子を脱いで応えた。

 開幕前に診断され、復帰の見通しが立っていなかった。今月2日から2軍戦に出場し、ついに1軍に合流。試合前の円陣では「ここで野球ができる素晴らしさ、楽しさを改めて感じたので皆さんもそれを忘れずに今日からスタートしましょう」とナインに呼びかけた。楽天に敗れて同率首位で並ばれたが、上々の復帰戦に工藤監督も「素晴らしいタイムリーだった」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース