ヤクルト・ブキャナン粘投実らず「自分のやるべきことはできた」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―3DeNA ( 2019年5月31日    神宮 )

ヤクルト先発・ブキャナン(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト先発のブキャナンは6回3安打1失点と役目を果たしたが2敗目。初回2死からソトに右越えの先制ソロを許したが、その後は持ち味の制球力を生かして低めを丁寧に突いた。

 2回以降に背負った走者は1四球と1安打の2人のみ。「自分のやるべきことはできた。最初に大きなミスで失点したが、守備のいいプレーにも助けられた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース