オリまた拙守で借金10 西村監督は白崎に苦言「取ってあげないと」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―4ソフトバンク ( 2019年5月31日    京セラD )

8回1死満塁、清宮の一ゴロをタイムリーエラーした白崎は天を仰ぐ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 またも拙守が敗戦に直結した。オリックスは3試合連続で守乱にまみれ3連敗で借金10。西村監督は「3試合続けて投手の足を引っ張ってしまっている」と嘆いた。

 指揮官が指摘したのは5回1死一、三塁で決勝点となった適時失策。山岡のけん制球を一塁・白崎が捕球できず右翼方向に転がる間に三塁走者が生還。記録は山岡の失策となったが、西村監督は「(白崎が)取ってあげないと」と苦言。さらに、8回1死満塁で清宮の一塁へのゴロを白崎がファンブルして2点目を献上したことにも触れ「(普通なら)本塁併殺を取れているわけですから」とあきれ顔だった。

 打線も相手左腕・加藤の前に7回まで無安打。8回先頭の山足が中前打しノーヒットノーランを阻止するのが精いっぱいの惨状で今季7度目の零敗。指揮官は「工夫していかないといけない。相手をどう攻略するか、試合の中で見えてこない」とトンネルに迷い込んでいる。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース