巨人 坂本の適時打で今季初のサヨナラ勝ち!阿部の400号試合を白星で飾る

[ 2019年6月1日 17:00 ]

セ・リーグ   巨人6―5中日 ( 2019年6月1日    東京D )

<巨・中>9回2死二塁、サヨナラ打を放ち、ガッツポーズする坂本勇(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人が6―5で中日を下し、今季初のサヨナラ勝利。連敗を3でストップし、阿部が通算400号を放った試合を白星で飾った。

 5―5で迎えた9回、2死二塁で坂本勇が5番手・ロドリゲスから右越えに適時打を放った。

 巨人は4点ビハインドの6回、無死満塁の場面で途中出場の6番・ビヤヌエバが打席に。3番手・田島が投じた初球の直球を強振すると、打球はバックスクリーンへ入り込み、同点となる今季6号満塁弾。一時は不振で2軍落ちを味わった助っ人が一発回答で結果を出した。

 さらに2死走者なしで、5回の代打から途中出場し通算400号まであと1本と王手のかかった阿部が打席へ。田島が投じた真ん中低め、142キロの直球を振り抜くと、打球は大きな放物線を描き、そのまま巨人ファンの待つ右翼席へ。通算400号となるメモリアルアーチは、貴重な勝ち越しソロとなった。

 9回にバッテリー間のミスで追いつかれたが、その裏に劇的な勝利を決めた。

 中日は先発の清水が5回無失点と粘りの投球で試合をつくり、打線もビシエドの2試合連続となる先制2ランなどで4点を先行したが、要所で救援陣が踏ん張れずに黒星を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース