ロッテ・ブランドン 2カ月ぶり1軍登板で好救援 打者10人を無安打6K

[ 2019年6月1日 18:45 ]

パ・リーグ   ロッテ8―7西武 ( 2019年6月1日    ZOZOマリン )

<ロ・西>西武打線を封じるブランドン (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテ・ブランドンが好救援で、勝利を引き寄せた。先発のボルシンガーが5失点で3回途中KO。壊れかけた試合に2番手で登板すると、打者10人に対し、被安打0、6三振を奪う鬼気迫る投球で流れを変えた。

 「三振を取れたのはいいけど、僕の理想はテンポよくアウトを取ること。1試合目の登板からだいぶ間が空いたけど結果はよかった」

 4月3日の西武戦以来となる1軍登板での好投にもブランドンはクールに振る舞った。

 日本で12年までDeNAや独立リーグなどでプレーして、再来日。「リーグや周りの選手は違うけど、一番変ったのは僕自身」と、今後の活躍を約束した。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース