阪神・西、女房役の“プレゼント”に笑顔「よく打ってくれた」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―2広島 ( 2019年5月31日    マツダ )

5回2死一塁、バティスタを三振に仕留めガッツポーズする西(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ベンチ最前列で声を枯らした阪神・西に、プレゼントが届いたのは1点ビハインドの9回だった。先頭の上本が左前打し2死から代打高山、梅野の連打でついに同点に追いついた。歓喜に沸き上がるベンチ。本塁に戻ってきた上本を満面の笑みで出迎え、固く抱き合った。

 「梅野がよく打ってくれたし、守備の部分でもマルテといい呼吸でアウトにすることができた。ピンチがあった時も今日は前の試合と違って、いい意味で力感がなく、我を出さないように投げることができ、なんとか最少失点で切り抜けることができました」

 そんな中で悔やまれるのが5回の唯一の失点だ。1死から投手の床田に四球。これが結果的に響いた。2死二塁から菊池涼に甘く入った真ん中直球を中前へ弾き返され先制点を許した。床田への四球を問われた右腕は「それは結果論でしょ」とだけ話し、固く唇を結んだ。

 この日、オールスターファン投票の中間発表でセ・リーグ先発投手部門の2位に浮上。広島・大瀬良に次ぐ得票数で30日の3位から順位を上げて先発マウンドに上がった。「自分の成績を見ると、圧倒的な数字ではありません。今は胸を張って言える数字ではない」。ファンの投票に感謝する一方、自身の成績には全く満足していない。今季10試合目の先発でクオリティースタート(6回以上、自責3以下)は8度。3勝4敗と負けが先行するが、試合は確実につくっている。

 首位・広島との3連戦初戦で7回を被安打6の1失点。先発としての役目は十分に果たした。次回登板は、来週から始まるセ・パ交流戦2カード目の日本ハム戦(7日・甲子園)が有力だ。このままカード頭を託されれば、古巣のオリックス、西武との初戦も託されることになる。パ・リーグを熟知する男が交流戦の命運を握っている。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース