日本製鉄鹿島・能間 94球で完全試合達成「直球が走っていた」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

都市対抗野球 北関東第1代表決定トーナメント準決勝   日本製鉄鹿島8―0エイジェック ( 2019年5月31日    日立市民 )

 日本製鉄鹿島の27歳の6年目・能間がエイジェック戦で完全試合を達成した。94球を投げ、三振6、内野ゴロ16、内野飛球3、外野飛球2の内容。

 桐蔭学園―東洋大出身の左腕は「まさか完全試合ができるとは思わなかった。びっくり」と驚きながらも「直球が走っていた」と喜んだ。2日に日立製作所と激突する第1代表決定戦へ、「いつでも投げられるよう準備する」と切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース