ソフトBスチュワート、日本球界入りの陰に大谷の存在「こちらの選手を投打で圧倒している」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

米ドラ1右腕 ソフトバンク入団会見

ユニホーム姿で帽子をかぶり、日本球界での決意を語ったスチュワート投手(AP)
Photo By AP

【スチュワートに聞く】――自身の特長は。

 「自信があるのはメンタルの部分。打者と戦うのが好き。力で封じるよりは、頭を使って弱点を突いたり、いろんな球種をさまざまなカウントで投げるのが好き」

 ――日本の育成システムをどう思ったのか?
 「1週間ほど日本に行き、1、2軍両方見た。個々の選手に時間をかけて教えている。個別にプランがあり、それに従って練習をしていた」

 ――将来の夢は。
 「野球をプレーすること。可能な限り長くプレーしたい。どんな子供も、自分も少年時代はメジャーリーガーになりたかった。でも今は、こういう機会がある」

 ――印象に残った日本人大リーガーは。
 「大きいのは大谷の存在。投打でこちらの選手を圧倒しているのだから」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月1日のニュース