阪神ジョンソン“不測の1球”にも動じず「野球では起こり得ること」

[ 2019年6月1日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―2広島 ( 2019年5月31日    マツダ )

10回に登板したジョンソン (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 「不測の1球」にも動じなかった。延長10回に登板した阪神・ジョンソンは2死一、二塁を招いたが1回無失点。中日・浅尾が持つ月間11ホールドのセ・リーグタイ記録に並んだ。

 先頭の野間に対し2ボール2ストライクからの5球目だった。スイングしてファウルした1球を、球審が不正投球と指摘し判定はボールに。試合後に杉永責任審判は「反則投球と見なした。ジョンソン投手が打者が構える前に虚をつく投球をしたので」と説明した。

 野間にフルカウントから二塁内野安打を許し嫌な雰囲気となったが最後は西川を空振り三振で6試合連続無失点。「しびれる場面だった。(内野安打も)野球では起こり得ること」と淡々と振り返った。19ホールドポイントはリーグ単独トップに。チームは痛い敗戦を喫したが、PJの安定感に陰りはない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年6月1日のニュース