西武・外崎、復活「アップルパンチ」 打率低迷…前日に志願の練習参加

[ 2019年4月28日 05:30 ]

パ・リーグ   西武11―7オリックス ( 2019年4月27日    京セラD )

3回2死、外崎は左越え2ランを放ち、ナインとタッチをかわす(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 復活の「アップルパンチ」だ。西武・外崎が3回2死二塁で左翼に4試合ぶりの4号2ラン。内角の144キロ直球をはじき返し「難しい球だったけど、うまく打てた」。

 試合前まで打率.225と低迷。前日は主力組が休養する中で志願して練習に参加し「真っすぐが捉えきれない。感覚がずれている」。辻監督にもアドバイスをもらって修正に努め、即結果につなげた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月28日のニュース