ソフトB千賀、パ史上8人目の4戦連続2桁奪三振

[ 2019年4月28日 07:52 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―1日本ハム ( 2019年4月27日    札幌D )

11奪三振で2勝目を挙げた千賀(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 千賀(ソ)が11三振を奪い、4試合連続2桁奪三振。4戦以上の連続2桁奪三振は17年則本昂(楽)が8試合連続で記録して以来パ・リーグ8人目。ソフトバンクでは新垣渚(03年=4試合)、杉内俊哉(09年=5試合)に続く3人目となった。

 千賀は全て11奪三振以上、4戦連続11奪三振以上は野茂英雄(近鉄=2度)、ダルビッシュ(日)に並ぶ最多タイ。次回の登板で記録の更新を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース