明大・森下、自己最速155キロで“小宮山”早大斬り 8回1失点8K

[ 2019年4月28日 05:30 ]

東京六大学野球 第3週第1日   明大7―3早大 ( 2019年4月27日    神宮 )

<明大・早大>「大学No1投手」とスカウトの評価も高い森下(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われ、明大はエース森下暢仁(4年)が自己最速の155キロの直球を軸に8回6安打1失点の好投で今季2勝目を挙げ、小宮山悟新監督(53)率いる早大に7―3で先勝した。慶大は5―2で法大を下した。

 六大学No・1右腕が「小宮山マジック」を封じ込めた。初回、金子と福岡の連打で先制されてから森下の目が覚めた。「最初からカーブをしっかり捉えられた。だからタイミングをずらすため序盤からチェンジアップを多めにしました」。プロ通算117勝の敵将が指示した狙い球を察知し、その上をいった。

 リズムに乗れば直球の球速も上がる。2回、中川卓の打席で、152キロと球場表示された1球が、ネット裏のあるスカウトのスピードガンでは自己最速を1キロ上回る155キロを計測した。それでも「スピードだけではないから」と冷静さを失わない。「もっと真っすぐで押せたんじゃないか」と8回で8奪三振にも満足はなかった。

 ベンチへ下がった9回には、下級生の3投手にボールや水を渡す裏方の仕事まで買って出た。「上に立つ以上、下には見せないといけませんから」。通算11勝目を挙げたエース兼主将は態度でチームをけん引している。 (伊藤 幸男)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース