楽天、今季初3連敗で首位陥落 平石監督「ミスは反省しないと」

[ 2019年4月28日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天5―6ロッテ ( 2019年4月27日    楽天生命パーク )

初回2死一、三塁、レアードの打球を田中が捕球しきれずに適時二塁打とする (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 最大5点のビハインドを追いつく粘りを発揮したが、今季初の3連敗を喫して17日から守り続けた首位の座をソフトバンクに明け渡した。強い雨が降る悪条件もあり、先発・美馬は2回までに5点を失った。5回5失点で勝ち負けはつかなかったが「良い流れを持ってくることができなかった」と反省。最後は9回に守護神・松井が勝ち越しを許した。

 守備のミスも響いた。2回2死一、二塁で銀次が一塁へのボテボテの打球を捕球できず、その間に二塁走者の生還を許し「集中力が足りなかった」と悔やんだ。打線は12安打で3試合連続の2桁安打。平石監督は「ミスは反省しないといけない。一方的に負けていてもおかしくない試合だったので、よく粘ってくれた」と前を向いた。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月28日のニュース