ライアン好投も援護なし「一戦一戦大事にやっていくだけ」開幕から5戦勝ちなし

[ 2019年4月28日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―2広島 ( 2019年4月27日    神宮 )

ヤクルト先発の小川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川が8回4安打1失点と好投したが、打線の援護がなく3敗目を喫した。6回2死一塁から長野に投じた初球の直球が高めに浮き、先制二塁打を浴び「不用意でした」と失投を悔やんだ。

 開幕から5試合勝てず、自己ワーストを更新。「僕の仕事は試合をつくること。一戦一戦大事にやっていくだけ」と前を向いた。打線は6安打を放ったが、今季3度目の零敗。小川監督は「あと一本が出なかった」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース