巨人・中川キレキレ10戦連続無失点 野上3年ぶりセーブで逃げ切り

[ 2019年4月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―4DeNA ( 2019年4月27日    東京D )

お立ち台で笑顔を見せる(左から)山本、メルセデス、中川(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督は「一番強いピッチャーを当てたかった」と3点リードの8回、主軸相手に中川を投入した。左腕は無失点に抑え、開幕から10試合連続無失点で「思い切っていった」と胸を張った。9回は野上が2点を失ったが西武時代の16年以来3年ぶりとなる通算3セーブ目で逃げ切った。

 右肘違和感で23日に出場選手登録を抹消されたクックは最短復帰を目指し1軍に同行してきたが、28日から3軍で治療に専念。原監督は「全員でカバーしていく」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース