NBAグリズリーズ・渡邊雄太 東京ドームでの始球式決定「子供のころからファン」

[ 2019年4月28日 15:04 ]

NBAグリズリーズ・渡邊雄太
Photo By 提供写真

 巨人は28日、5月2日の中日戦(東京ドーム)で、日本人2人目のNBA選手となったNBAメンフィス・グリズリーズの渡邊雄太選手(24)が始球式を務めることを発表した。

 渡邊選手は「この度は歴史と伝統のある読売巨人軍の始球式を務めさせていただくことになり、とても光栄に思っております。子供の頃からのファンですので、このような機会をいただけたことにとても興奮しております。精一杯気持ちを込めて投げさせていただきますので、ご声援のほどよろしくお願い致します」と球団を通じて喜びのコメントを出した。

 尽誠学園高1年時から全国大会に出場。史上初めて高校生でバスケットボール男子日本代表に選出された。高校卒業後はアメリカに留学し、ジョージ・ワシントン大学へ進学。大学卒業後にはNBAサマーリーグに参加し、NBAサマーリーグ終了後にメンフィス・グリズリーズ保有の「NBA契約選手」となり、18年10月にフェニックス・サンズ戦で出場。日本人2人目の「NBA選手」となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月28日のニュース