昌平・米山、自己最多11Kで完投 昨夏の雪辱8強進出

[ 2019年4月28日 05:30 ]

春季高校野球埼玉県大会 3回戦   昌平5―3上尾 ( 2019年4月27日    熊谷市民 )

<上尾・昌平>11奪三振の力投で8強進出を決めた米山
Photo By スポニチ

 今秋のドラフト候補左腕、昌平(埼玉)の米山が3失点完投の力投で8強に進出した。昨夏の北埼玉大会で敗れた相手に雪辱し「悔しさを晴らしたかった。勝てて良かった」。

 この冬磨いたスライダーと自己最速を2キロ更新する143キロの直球で、自己最多11奪三振。「冷静に投げられた」と振り返った。視察したソフトバンクの福山龍太郎アマスカウトチーフは「フォームに修正する点がない。夏まで注目したい」と完成度の高さを評価した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月28日のニュース