巨人・大城、4戦ぶり先発で適時打&好リード「アピールして結果出したい」

[ 2019年4月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―4DeNA ( 2019年4月27日    東京D )

4回1死一、二塁、大城は中前に適時打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 2年目の巨人・大城が4試合ぶりに先発出場。1―0の4回に中前適時打し、一挙4点を奪う口火を切った。マスクをかぶってもメルセデスを7回途中2失点と好リードし「何とか援護できるように思い切っていった。アピールして結果を出したい」と声を弾ませた。

 左腕の戸根は7回1死二塁でメルセデスに代わって登板。代打・楠本の打球を左足で一塁方向に「トラップ」し、投ゴロに仕留め「とっさに反応しました」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース