中日・又吉、逆転呼んだ完璧救援 3回完全投球に「1つ自信を持てた」 

[ 2019年4月28日 05:30 ]

セ・リーグ   中日5―4阪神 ( 2019年4月27日    ナゴヤD )

お立ち台で3ランを放ったビシエド(左)とグータッチする又吉(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 間違いなく救世主だ。中日の又吉が27日の阪神戦で0―3の4回に2番手で登板。3イニングを完全投球で逆転勝利を呼び込んだ。

 「後ろの投手が良いので接戦で持ち込めば、チームもひっくり返す力はある。1イニングずつしっかり投げることを心がけた」

 予告先発の笠原が不整脈の疑いで回避。緊急先発した佐藤が初回に3失点する苦しい展開を救った。5回の福留への4球目には自己最速タイの152キロをマークするなど「すごく不思議な感覚。フラットな状態でマウンドに上がれた」と心と体が一致。イニングまたぎが課題だったが「1つ自信を持つことができた」とうなずいた。

 力投に応えるように打線が4回に4点を奪い逆転に成功。連敗を3で止め、負ければ借金生活に突入する危機も救った勝利投手は「笠原のためにチームが勝てて良かった。大事な時期に投げてもらいたいので焦らず、中途半端ではなく万全の状態で戻って」と左腕にエールを送った。

 12連戦の初戦からアクシデントに見舞われた与田監督は試合前、選手を集め「こういう時こそ、皆で助け合っていくぞ」と鼓舞。救世主・又吉をはじめナインが力を合わせ、長期連戦を白星でスタートさせた。 (徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース