広島、8連勝で借金完済!“ライアンキラー”長野が移籍後初V打

[ 2019年4月28日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―0ヤクルト ( 2019年4月27日    神宮 )

6回2死一塁、長野が右中間に適時二塁打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 長野はこっそり自分を褒めるように二塁ベース上で軽く手を合わせた。27日のヤクルト戦の6回だ。2死無走者から菊池涼の内野安打で生まれた突破口を特長とする逆方向への強打で一気にこじ開けた。小川の初球直球を右中間へ。フェンス直撃の先制二塁打で均衡を打ち破った。

 「床田が頑張ってくれていた。キクが2アウトから出てくれて、積極的にいこうと思った。個人的なことよりも、チームが勝てたことがよかったです」

 コンディション不良の鈴木が4試合連続で先発を外れ、空いた右翼を埋めてきた。「3番・右翼」で先発した最近4試合全てで安打を放つなど計13打数5安打、3打点、打率・385。「(鈴木)本人が一番悔しいと思う」と思いやっていた通り自らのバットで勝利をもたらし、消化不良の鈴木の心を癒やした。

 その鈴木も帰ってきた。8回1死無走者で床田への代打で4試合ぶりに出場。初球は左翼方向へ大きなファウルを放ち、4球目の三塁方向へのゴロのファウルでは一塁へ全力疾走した。結果は空振り三振でも4番復帰へ近づいた。試合直前のシートノックにも参加し、「大丈夫です。(先発の)準備もできています」とうなずいた。

 主砲を欠いても17年9月の9連勝以来の8連勝へ伸ばし、12連戦の初戦で勝率5割へ戻した。長野が状態を上げてきた段階で、鈴木が先発復帰すれば、理想の布陣がそろう。緒方監督は「まだ連戦の頭。一試合一試合やっていくだけ」と油断はない。貯金を積み重ねる黄金週間が始まった。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース