巨人・坂本、23試合連続出塁 死球交代も「全然大丈夫」

[ 2019年4月28日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人5―4DeNA ( 2019年4月27日    東京D )

6回2死二塁、死球を受ける坂本(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇がDeNAの敷いた内野の変則シフトを破った。3回、二塁手・中井が二塁ベースの真後ろを守っていたが逆方向の右前に打ち返した。開幕から続く連続出塁を23試合に伸ばし「そういう(シフト)のを気にしていたら(打てない)」。

 6回、左手に2シーズンぶりの死球を受けて7回の守備から交代したが「全然大丈夫」と言い、原監督も「明日に備えて、というところで代えた」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース