ヤクルト・荒木が先制の2号本塁打「しっかり自分のポイントまで待って、打つことができた」

[ 2019年4月28日 19:04 ]

<ヤ・広>2回1死、荒木が先制ソロを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの荒木貴裕内野手(31)が28日、広島戦(神宮)に「6番・一塁」で先発し、先制の2号本塁打を放った。

 2回1死から低めの変化球を左翼席に運んだ。「打ったのはチェンジアップ。崩されることなく、しっかり自分のポイントまで待って、打つことができました。先制できて良かったです」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月28日のニュース