広島・菊池涼介が通算1000安打達成 相手マスコット「つば九郎」からの花束贈呈に3度おじぎして笑顔

[ 2019年4月27日 19:00 ]

セ・リーグ   広島―ヤクルト ( 2019年4月27日    神宮 )

<ヤ・広>4回無死、菊池が中前打を放ち通算1000安打を達成、つば九郎から花束を受け取る(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島の菊池涼介内野手(29)が史上295人目の1000安打を達成した。

 敵地の神宮球場で行われたヤクルト戦に「2番・二塁」で先発出場。0―0で迎えた4回、先頭打者として入った第2打席でヤクルト先発・小川から中前へ放った。

 敵地に駆けつけたスタンドの鯉党は祝福のボードを掲げて歓喜。大きな花束を抱えたヤクルトの人気マスコット「つば九郎」が小走りで登場すると、菊池涼はうれしそうな笑みを浮かべながら3度おじぎ。一塁ベース付近で花束を受け取り、がっちりと握手を交わした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月27日のニュース