阪神 2軍昇格組フル回転!秋山「平成最後の日」に狙う今季初勝利

[ 2019年4月27日 05:30 ]

阪神の秋山
Photo By スポニチ

 先発陣は右前腕部打撲のメッセンジャーを欠き、2軍からの昇格組と中5日登板を駆使しながら今回の12連戦を乗り切る方針だ。27日からの中日3連戦は初戦の西、3戦目の青柳を中5日で投入し、西は次回も同じ登板間隔で5月3日のDeNA戦に向かうとみられる。

 現状で谷間となっている30日の広島戦は21日の巨人とのファーム交流戦で7回1失点と好投した秋山の抜てきが濃厚。6回5失点だった11のDeNA戦後は再調整に努め、「平成最後の日」に今季初勝利を狙う見通しだ。

 5日のDeNA戦も昇格者の抜てきが予想され、次回登板でリハビリ枠から外れる可能性がある2年目の高橋遥、不振で2軍降格中のガルシア、望月、馬場も候補に挙がってきそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース