中日・笠原 体調不良で27日の先発回避 与田監督「不整脈のような症状が」

[ 2019年4月27日 10:09 ]

中日・笠原祥太郎投手
Photo By スポニチ

 中日は27日、笠原祥太郎投手(24)が体調不良のため、この日予定されていた阪神戦(ナゴヤD)の先発登板を回避すると発表した。代わって佐藤優投手(25)が先発する。

 笠原は3年目の今季、自身初となる開幕投手の大役を任され、ここまで2勝(0敗)。前回19日のヤクルト戦(ナゴヤD)では6回途中まで2失点と好投した。

 3連敗中のチームにとって、12連戦の初戦を任せた左腕の離脱は痛手。与田監督は「不整脈のような症状が出た。心配なので、精密検査をしたほうがいい」と話した。指揮官によると、前から時々、そういう症状があったという。このまま、出場選手登録を抹消される可能性が高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース