法大2年生右腕・三浦、粘投も実らずガックリ「勝負球が甘かった」

[ 2019年4月27日 14:02 ]

東京六大学第3週第1日   慶大5―2法大 ( 2019年4月27日    神宮 )

<慶大・法大>法大先発・三浦(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 法大は先発した2年生右腕・三浦銀二投手(福岡大大濠)の力投も実らなかった。6回に郡司裕也捕手(4年、仙台育英)の右前適時打で同点とされると、7回には柳町達外野手(4年、慶応)に決勝の中前適時打を喫した。

 「(柳町へは)フォークが落ちなくて…。結局負けにつながってしまった。本来なら2―1とかで勝てた試合。勝負球が甘かった」。7回2失点ながら、マークしていたはずのドラフト候補コンビに痛打されたことが悔しかった。

 緊迫した投手戦の末の惜敗に、金光監督代行(63)は「ギリギリの戦いで、どちらに転んでもおかしくない流れだったけど…。三浦は粘り強く投げてくれた。とにかく明日(28日)勝つしかない」と2回戦以降、打線の奮起を促した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月27日のニュース