阪神・西 初めて乱れる…6回7安打5失点で降板

[ 2019年4月27日 16:27 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2019年4月27日    ナゴヤD )

<中・神> 4回2死一、二塁、又吉に中前打を打たれた西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 27日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発した西は中盤に相手打線につかまり6回7安打5失点で降板した。

 初回に3点の援護をもらい、3回までパーフェクトピッチと上々の立ち上がり。快投が暗転したのは4回だった。先頭・平田に死球を与えて初めて走者を許すと、京田の右前打で一、三塁。大島の二塁内野安打で1点を返されると、無死一、二塁でビシエドにシュートを捉えられ左翼スタンドへ逆転3ランを被弾した。

 続く5回も1死一、二塁から阿部の遊撃内野安打の間に二塁走者の生還されて5点目を失った。結局、7回の打席で代打を送られて降板。先発した過去4試合ではすべてハイクオリティースタート(7回以上自責点2以下)をマークしていた右腕が初めて乱れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース