昨季セ本塁打王のDeNA・ソトが来日50号 連敗を8で止められるか

[ 2019年4月27日 16:09 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2019年4月27日    東京D )

<巨・D>6回1死、ソトは右越えにソロを放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 来日1年目で昨季のセ・リーグ本塁打王に輝いたDeNAのソト内野手(30)が来日50本目となるソロ本塁打を放った。

 巨人戦に「2番・右翼」で先発出場し、0―5で迎えた6回、1死走者なしの場面で入った第3打席。それまでの5回で打線が散発3安打に抑えられ、自身も2打席連続の空振り三振に終わっていた巨人先発・メルセデスから真ん中に入ってきた初球の直球をとらえて右翼スタンドへ運んだ。

 ソトは「打った瞬間、どこに飛んだかわからずにファールかと思いました。逆転できるように、引き続き頑張ります」とコメント。

 ソトはリーグ単独トップの今季9号。8連敗中で最下位に沈むチームが首位相手に反撃なるか、注目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース