水原通訳 バスケ大好き大谷&「ヒーちゃん」と八村塁の応援へ

[ 2019年4月27日 09:00 ]

水原通訳 I REPORT

試合を観戦するエンゼルスの大谷翔平(中央)
Photo By 共同

 地道なリハビリが続きましたが、いよいよ翔平の復帰の時が近づいてきました。4月19日に初めてチームのみんなと一緒に打ちました。選手たちも結構気にしていましたよ。スカッグスやヒーニーらが「何時ごろから打つの?」と聞いてきたり。ハービーなんて3度も確認してきました。

 初めて屋外で打った3月27日は、翔平も楽しそうでしたね。ずっと室内で振るだけでしたので。非公開で打っていた時も、監督やコーチ、カルフーンら選手も見に来ていました。一度、初球の外の球を軽く打って左中間席に運びましたが、ボアジャスは「一振り目であそこの球をあそこに運ぶなんて。こんなの初めて見た」と驚いていました。

 チームが遠征の時はリハビリ組で残留練習しますが、先発投手のヒーニーの存在が心強かったです。彼もトミー・ジョン手術経験者で、実体験など助言もくれます。一緒に焼き肉店や、ヒーニーの黒いラブラドール犬2匹も連れてレストランに行ったり。翔平とは昨年のキャンプ序盤に毎日バスケットボールをやって以来、仲良しです。

 そのヒーちゃんの発案で、八村塁選手のゴンザガ大のバスケの試合も見に行きました。球場の隣のホンダ・センターが会場でしたので、アップトン、トロピアーノも一緒に。翔平はバスケが大好きでよく話もします。八村選手が、同じロサンゼルスのレーカーズやクリッパーズに来たら面白いよね、と話していました。

 僕の素人目線になりますが、翔平のパワーは昨年より増しているような感じがします。オフの間から、休まずトレーニングもしてきましたから。まだ結果には出ていないですが、練習で形になりつつあるので、試合で活躍する翔平の姿が見たいですし、本当に楽しみです。(エンゼルス通訳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース