大谷 2日連続ライブBP好感触「いつ復帰してもいいんじゃないか」

[ 2019年4月27日 05:30 ]

打撃練習を終え、取材に応じるエンゼルス・大谷
Photo By 共同

《大谷に聞く》

 ――ライブBPを行ってみての感触は?  「感じ的には昨日も今日も良かった。見極めもできていた。ボール、ストライクの判断も良かったのではないかと思う」

 ――実戦が近づき、感情の高まりは?  「早く試合に出たいというのはもちろんある」

 ――復帰までにやっておきたいことは?  「一番は(打席の)数をこなすこと。普通に打ちにいく中でボール、ストライクの判断が大事」

 ――過去にも故障からの復帰を果たしたが、以前との違いはあるか?  「開幕からいないのはあまりないので違う感じはある。毎年そうだが、実戦で1本出るまではやはり不安があるもの」

 ――心も体も、もう復帰できる感じか?  「僕個人としてはなっている。あとは僕とスタッフがいけるという自信さえあれば、いつ復帰してもいいんじゃないか」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース