オリ K―鈴木 本拠プロ初登板初勝利へ 軸足訓練で球質改善「楽しみ」

[ 2019年4月27日 05:30 ]

キャッチボールで調整するK-鈴木(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスの2年目、K―鈴木が28日の西武戦で今季初先発することが決まった。キャンプ終盤の2軍降格を経てウエスタン・リーグでは5試合で防御率0・77と抜群の安定感を披露。「前に行く力がなかった。もっと出していこう」と軸足となる右足の使い方を練習し、球質も改善した。

 本拠地の京セラドームではプロ初登板となり、「社会人時代に投げているし、楽しみですね。マウンドは投げやすい」とプロ初勝利に意欲を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース