日本ハム栗山監督 58歳誕生日に誓い 令和のような「凜とした選手育てて日本一」

[ 2019年4月27日 05:00 ]

報道関係からプレゼントされた誕生日ケーキを口にする栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が26日に58歳の誕生日を迎え、報道陣からケーキを贈られた。5月から始まる新時代に向け「(新元号の)令和は品があって、凜(りん)としたイメージ。そんな選手を育てて日本一になれるように頑張ります」と決意を新たにした。

 目指すは令和を代表するスターの育成だ。「このチームからダルビッシュや大谷が巣立った」。高卒2年目の清宮、ドラフト1位の吉田輝ら、将来有望な選手は多く「日本を代表する、令和を代表する選手を育てるのが使命」と表情を引き締める。

 チームは現在貯金1。前日は誕生日となる直前の午後10時27分まで首位・楽天と延長12回の激闘を演じ、杉谷のサヨナラ打で2連勝を飾った。3年ぶりのV奪回へ、歩みは止めない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年4月27日のニュース