平野、リーグトップ32H「どんどん勝負球でいく」

[ 2018年9月9日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス5―3ブレーブス ( 2018年9月7日    フェニックス )

 ブレーブス戦の7回に登板し、1回を無失点のダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス・平野がリーグトップに並ぶ32ホールド目を記録した。

 4―1の7回に登板。1死一塁から2者連続で空振りの3球三振に仕留め「日本では追い込んだらボール球を要求される。どんどん勝負球でいく」と手応え。これで今季68試合目の登板。オリックス時代の11年に記録した自己最多の72試合に迫る勢いで「調整は任せてもらっている」と感謝を口にした。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース