ソフトB甲斐、1カ月ぶりマルチ 女房役が好投ミランダ援護

[ 2018年9月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク12―0オリックス ( 2018年9月8日    ヤフオクD )

4回1死二、三塁、左中間越え2点適時二塁打を放った甲斐(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・甲斐が8月5日のオリックス戦以来、約1カ月ぶりのマルチ安打だ。

 4回に1点先制して、なおも1死二、三塁で左中間を破る2点二塁打。「ミランダが辛抱強く投げてくれていた。何とか得点が欲しい場面だったし、どんな形でも得点につながるようにと思っていた」。2回にチーム初安打の左前打を放ち、女房役がバットでも盛り立てた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース