ソフトB今宮、3年連続2桁弾 左中間へ3ラン「体を残して振れた」

[ 2018年9月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク12―0オリックス ( 2018年9月8日    ヤフオクD )

4回1死一、二塁、左中間に3ランを放つ今宮(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・今宮が3年連続で2桁10本塁打に到達した。4回1死一、二塁で変化球を捉えて左中間テラス席へ3ラン。「しっかり体を残して振れた。欲を言えば、より多く打ちたいのはあるけど、良いスイングをする中で入ってくれれば」。

 連続試合安打は前日に16試合で止まったものの、依然好調だ。「連敗しないことがこの時期は大事」と気を引き締めた。

 ▼ソフトバンク・柳田(8回に中越えに32号ソロ。昨季の本塁打数を上回り)自分のバッティングができたので良かった。

 ▼ソフトバンク・松田宣(6回に10試合ぶりの27号3ラン)9月初めてのホームランを打てて良かった。最近は野手の正面を突くことが多くて我慢の時だった。全力でやって勝ちにいくしかない。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月9日のニュース