DeNA 4点差でも守護神・山崎康投入、執念勝利 ヤクルト再び借金生活

[ 2018年9月9日 21:09 ]

セ・リーグ   DeNA7―3ヤクルト ( 2018年9月9日    横浜 )

<D・ヤ>3回無死、右越えソロを放った宮崎はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 5位のDeNAが嶺井の効果的な3ランなどで2位・ヤクルトに7―3と勝利。ヤクルトは再び借金生活に突入した。

 DeNAは1点先制された直後の初回、1番・桑原が右越え二塁打で出塁し、2番・宮崎の左前適時打でまず同点。さらに3番・ロペスの左翼線二塁打で無死二、三塁としてから4番・筒香の中前適時打で逆転に成功すると、5番・ソトの併殺打の間にもう1点を加え、3回には宮崎の右越え25号ソロでリードを3点に広げた。

 4―3と1点差に追い上げられた直後の5回には、6番・嶺井が右翼スタンドへ貴重な追加点となる5号3ラン。5回6安打3失点で降板した先発右腕・平良の後を三嶋、エスコバー、三上、パットンと小刻みな継投でつないで最後はセーブの付かない4点差ながら守護神・山崎康を投入し、2死一、二塁のピンチを招くも4番・バレンティンを見逃し三振に仕留めて逃げ切った。平良は今季3勝目(2敗)。

 ヤクルトは初回、3番・山田哲が左越えに31号先制ソロ。5回には山田哲が今度は右中間へ32号2ランを叩き込んで1点差に迫ったが、その裏にこの回から登板した2番手・大下が2連打された後で痛恨の3ラン被弾となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース