埼玉アストライア佐藤が決勝2点打「負けられない試合だったので」

[ 2018年9月9日 05:30 ]

日本女子プロ野球   埼玉アストライア4―1愛知ディオーネ ( 2018年9月8日    一宮市営 )

勝利打点を挙げた埼玉・佐藤
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズは、埼玉アストライアが4―1で愛知ディオーネを下した。

 同点の7回1死から岩見、佐々木の連打で二、三塁とし佐藤が左前に決勝の2点打を放った。次打者・加藤の時に二盗に成功し二ゴロで三進。田口の中前適時打で勝利を決定付ける4点目の生還も果たした。「負けられない試合だったので何としてでも還すという気持ちで打席に入ったのが良い結果につながった」。愛知が敗れ、京都フローラの優勝へのマジックナンバーは「1」となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース