巨人・ゲレーロが先制打「いいところに飛んでくれた」

[ 2018年9月9日 17:30 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年9月9日    甲子園 )

<神・巨>2回表1死二塁、ゲレーロは右前に先制の適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 巨人・ゲレーロが阪神戦で、先制打を放った。0―0の2回1死二塁から、青柳の140キロシュートを右前に運んだ。「インコース寄りのボールに詰まらされたけれど、いいところに飛んでくれた。先制点をあげられて良かったよ」と喜んだ。

 試合開始前から雨が降り始め、試合中は何度もマウンドと打席に新しい土が敷かれた。1―0の4回、併殺打の間にもう1点を追加した直後に、雨が強まり試合が中断された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース