アインシュタイン・稲田「2319」背負って始球式 想定外の野次に動揺

[ 2018年9月9日 14:29 ]

<神・巨23>ファーストピッチセレモニーに登場したアインシュタイン・稲田(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 お笑いコンビのアインシュタインが、9日の阪神―巨人戦(甲子園)のファーストピッチセレモニーに登場した。

 「甲子園の始球式史上最もブサイクな男」と自負してマウンドに上がったボケ担当の稲田は、背番号「2319(ブサイク)」を背負って投球。しかし、球場からは「早く投げろ!」や「いらんことするなよ!」と想定外の野次を浴びせられといい「(野次があって)急いで投げたらスッポ抜けました」と大粒の汗を額に浮かべながら、苦笑いを浮かべた。

 また、10月31日にはコンビ初のネタDVDが発売予定でツッコミ担当の河井は「ホラーじゃないですよ」と稲田の“モンスターフェイス”を見ながらPRした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース