オリ14度目零敗 福良監督は先発・山岡かばう「かわいそうだった」

[ 2018年9月9日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス0―12ソフトバンク ( 2018年9月8日    ヤフオクD )

4回1死、グラシアルに右越え本塁打を打たれガックリの山岡(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 オリックスは各2度あった無死一、三塁と1死満塁を逃し、今季14度目の零敗を数えた。

 特に福良監督が「嫌な感じはした」と振り返ったのは4回だ。無死一、三塁から安達の右飛で本塁返球の隙を突いて二塁を狙った一塁走者・中島が転送されて憤死。拙攻直後の大量7失点で試合は壊れた。ソフトバンク戦は通算7度目の先発でも未勝利の山岡については「かわいそうだった。今日は悪い方の山岡ではなかった」とかばった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース