広島 今季ワーストタイ5連敗もヤクルト敗れマジック「9」に 最短Vは16日

[ 2018年9月9日 21:32 ]

セ・リーグ   広島3―4中日 ( 2018年9月9日    ナゴヤD )

<中・広>中日に3タテを食らい、5連敗となり険しい表情で引き揚げる緒方監督(中)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 首位の広島は敵地のナゴヤドームで中日に3―4で1点差負けを喫し、今季ワーストタイの5連敗。だが、その後ナイターで行われた試合で2位・ヤクルトもDeNAに敗れたため、球団初の3連覇へ向けた優勝マジックは試合前から1つ減って「9」となった。最短Vは16日。

 広島は初回に2点先制を許したが、2回に松山の適時二塁打で1点を返し、5回には野間の左越え5号ソロ本塁打で同点に追いついた。だが、その裏に先発の高橋樹が勝ち越し犠飛を許し、2―3。6回には会沢の左越え13号ソロで再び追いついたが、7回に登板した3番手・ジャクソンが力尽きた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース