PR:

日体大・松本航 速最155キロも敗戦「悔しい」

首都大学野球   日体大1―2東海大 ( 2018年9月8日    バッティングパレス相石ひらつか )

力投する松本航
Photo By スポニチ

 日体大はドラフト1位候補の松本航(4年=明石商)が東海大戦に先発し、6回2失点で敗戦投手となった。

 自己最速となる155キロを計測した初回に1失点。2回以降は制球を重視する修正能力を見せたが「先制され、追加点も取られたのが悔しい」と唇をかんだ。広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「球の速さ、切れは1軍レベル。152〜153キロが低めに集まれば通用する」と評した。

[ 2018年9月9日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月17日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム