巨人・今村 3回まで2安打無失点と好投もノーゲーム「何とか5回まで、と思ったけど」

[ 2018年9月9日 19:33 ]

<神・巨>巨人先発の今村(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 甲子園での阪神戦は、1時間28分の中断のすえに降雨ノーゲーム。先発して3回まで2安打無失点に抑えていた巨人・今村は「状態は良かった。何とか(試合が成立する)5回まで、と思ったけど、しようがないですね」と振り返った。

 中断の間はブルペンでキャッチボール。2度、肩を作ったといい「(再開後も)もちろん、いくつもりだった。中断中も意外と集中できていたし、“早く始まらないかな”と思っていた」。白星は手にできなかったが「(2位の)ヤクルトに追いつけるよう、全力で頑張る」と次へと気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月9日のニュース