牧田 2発に沈む、チームワースト7敗「粘らなければいけない」

[ 2015年7月26日 22:32 ]

<西・日>5回、1死一、二塁の場面で陽(左)に逆転の右越え3ランを打たれた西武の先発・牧田
Photo By スポニチ

パ・リーグ 西武3―8日本ハム

(7月26日 西武プリンス)
 西武の牧田は2本塁打に沈んだ。2―0の4回にレアードに2ランを許し、3―2の5回には陽岱鋼に逆転3ランを浴びた。「先制点、追加点を取ってもらったのに、粘らなければいけない場面で崩れてしまった」と唇をかんだ。

 5回1/3を6失点でチームワーストの7敗目を喫した。チームの連敗も止められず「粘り切れるのが勝てるチームであり、勝てる投手だと思う。本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース