上原 今季初またぎで2回完全 トレード候補報道に胸中明かした

[ 2015年7月26日 05:30 ]

<レッドソックス・タイガース>9回から登板し、2回を無安打無失点のレッドソックス・上原

ア・リーグ レッドソックス2―1タイガース

(7月24日 ボストン)
 レッドソックスが田沢、上原の好救援で延長11回サヨナラ勝ち。連敗を8で止め、後半戦初勝利を挙げた。1―1の8回から2番手の田沢が1回を1安打無失点で切り抜けると、上原は9回から今季初の回またぎで2回を無安打無失点。

 17日の後半戦初戦のエンゼルス戦でサヨナラ本塁打を浴びて以来、7日ぶりの登板となった守護神は「やっと勝てた。試合勘だけが問題だったが、捕手がしっかりリードしてくれた」と13日ぶりのチームの勝利に安どの表情を浮かべた。

 今月末のウエーバーを経ずにトレードできる期限が迫る中、複数の米メディアは上原と田沢がトレード候補に挙がっていると報道。上原はボストン・グローブ紙(電子版)の取材に対し「名前が挙がるのはいい投球をしているということなのでうれしい。ここには残りたいが自分で決められないことは理解している」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース