第1回大会優勝校の流れくむ鳥羽 難敵・京都翔英をコールド撃破

[ 2015年7月26日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権京都大会準々決勝 鳥羽8-1京都翔英

(7月25日 わかさ)
 第1回全国中等学校優勝野球大会(現選手権大会)の優勝校・京都二中の流れをくむレジェンド校・鳥羽が、難敵の京都翔英に8―1で8回コールド勝ちした。

 4回戦で優勝候補筆頭の龍谷大平安を撃破した強力打線の前に立ちはだかったのは背番号1の松尾。6安打1失点にまとめ、「何点取られてもいいから気持ちで投げました」と汗を拭った。

 準決勝の相手は乙訓。捕手の梅谷主将は「後半勝負に持ち込めたら鳥羽のペース」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース