専大松戸 悲願の甲子園初出場!7回7点で歓喜の逆転勝ち

[ 2015年7月26日 12:31 ]

第97回全国高校野球選手千葉大会決勝 専大松戸7―3習志野

(7月26日 QVCマリン)
 第97回全国高校野球選手権千葉大会決勝は26日、QVCマリンスタジアムで行われ、専大松戸が逆転勝利を収め、春夏通じて初の甲子園出場を果たした。

 3点を追う専大松戸は中前2点適時打で1点差にすると、攻撃の手を緩めず一気に5点を加え逆転。計7点のビッグイニングで習志野を倒した。

 習志野は初回に八木の中前適時打で先制。4、7回にも加点し順調だったが、7回の大量失点で4年ぶりの甲子園を逃した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース