広島・ジョンソン 初対戦でG倒!8回零封8勝目「よかった」

[ 2015年7月26日 21:24 ]

<広・巨>5回表1死一塁、田口を捕ゴロ併殺に打ち取り、グラブを叩いて喜ぶジョンソン

セ・リーグ 広島5-0巨人

(7月26日 マツダ)
 来日1年目の広島の新助っ人ジョンソンが初対戦の巨人を相手に8回6安打無失点、9奪三振と好投し、6月28日の中日戦(マツダ)以来の白星となる8勝目(4敗)をマークした。

 「よかったよ。ストライクを先行させることを心掛け、バックを信じて投げた。石原がよくリードしてくれたので自分は彼のミットを目がけて投げるだけでよかった」

 巨人・田口との投げ合いで5回まで両チームともに0行進。ジョンソンは4回には1死二、三塁のピンチを招いたが、長野を見逃し、阿部を空振り三振に仕留めて切り抜け、6回1死一、二塁のピンチは巨人の拙攻にも救われた。その直後に梵の先制2ランが飛ぶ出し、2点の援護をもらった。

 「ビハインドで投げるより、リードして投げる方がいいし、あのホームランは大きかった」とチームメートに感謝。スタンドを埋めたファンにも「暑さと、湿気と、そして台風まで持ってきてくれる最高のファンさ」とジョークを交えて感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース