98年横浜で日本一 権藤氏「先天的にうまいのはキャッチング」

[ 2015年7月26日 08:25 ]

<ヤ・中>7回1死三塁、代打・武内の一ゴロでホームを突く代走・三輪にタッチする谷繁

中日・谷繁兼任監督 通算3017試合出場

 98年日本一の横浜を監督として率いた権藤博氏(76)は、不動の正捕手として使い続けた当時のことを回想した。

 「あいつはケガをしないし、外すことなんて考えもしなかった。前の年に2位になって給料が上がって、みんなやる気満々だったからね」。捕手としての大きな武器があったという。「先天的にうまいのはキャッチング。コントロールにも絶対の自信を持っていた。足は速い方じゃなかったけど、足の踏み替えが速い。だからすぐにスローイングに移れる」。かつての教え子の快挙に「大したものですよ」と目を細めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月26日のニュース